ロンドン」タグアーカイブ

本と美術の楽しみ

どのような社会づくりを私たちは目指すのか。それには技術発展の基礎となる理工系の学問は重要ですが、それとともに新しい価値を作り出す人文・社会科学系の学問も重要です。異文化が交錯するところ、多様な文化的背景をもつ人や土地との出会いから視野が広がり、さまざまな価値に気づくことがあります。その手っ取り早い方法は、旅行であるとか留学などがそうです。時間や金銭的制約を考慮すると、本や美術に接するのもいいと思います。食事は人が生きるために必要不可欠ですが、私にとっては読書や美術鑑賞もアタマのための食事です。つまり本や美術は食べ物です。
そんなこともあって他人がどんな食事をしているかよりも、どんな本を読んでいるのか、どんな美術作品に接しているのかという方に興味が湧きます。だいたいそれでその人となりが知れます。
昨日のBSフジの番組で、中国・南京出身のエコノミスト、柯隆さんが、都内にリベラルな中国関連書籍を扱う書店があって、中国出身の知識人が日本に呼び寄せられる要因になっているというようなことを言っていました。これまでそうした書店はロンドンやニューヨークにはありましたが、東京にも新しい華人ネットワークが形成されることは、むしろ望ましいことだと思います。
一方、ついこの前まで副知事を務めていた方の10代の頃の読書遍歴の記述を目にしたのですが、野村克也の『裏読み』と川北隆雄の『大蔵省』を挙げていて、ちょっとどうかなと思いました。対戦相手を出し抜く技量や財政を握って権勢(県政?)を振るうことへ憧れを感じて官僚を目指されたように感じました。
ちなみに私の10代の頃の読書遍歴で印象が強い作品としては、ソルジェニーツィンの『収容所群島』であるとか、五味川純平の『戦争と人間』あたりでしょうか。お互いヒネたガキだった点では似ているともいえますかね。
写真はロンドンのウィンストン・チャーチル像。1993年12月撮影。

ダンバー数と年賀状、宗教的無色、CF

高齢者が終活のために年賀状を差し出すのを取りやめる一方、現役世代のなかにもインターネットを介した連絡手段の普及を理由にやはり取りやめる動きが出ているのを、今年は特に感じました。私の場合は、今のところ、自分自身の生存証明の意味合いもあって、お知らせしたい方に絞って差し出しています。宛先には後期高齢者の方が多いので、返信はもともと期待していません。こちらが気づかないうちに鬼籍に入られた場合で気の利いた身内がいれば、その旨を知らせてくれることもあります。当方側が一方通行の顧客にあたる取引先関係にはこちらから差出も返信も行いません。そんなわけでだいたい例年150通(人)以内に収まっています。この150人というのは、英人類学者のロビン・ダンバーの名前に由来する「ダンバー数」と言われます。ダンバーは、現世生存人類(ホモ・サピエンス)が社会的信頼関係を築けるのはせいぜい150人ほどと言っています。
本日の朝日新聞の社説のなかでも、この「ダンバー数」に触れた記述がありましたので、アレと思いました。社説では、大企業における不正の温床について書かれていたのですが、大学や高校の運動部でも部員が300~400人もいるところで、昨年不祥事が明るみになったことを思い出します。
昨年は、ダンバー氏の著書の『宗教の起源』を読み、ずいぶん刺激を覚えました。それで、本日の朝日新聞紙面に話題を戻すと、社説の対向面のオピニオン欄「交論」コーナーで、紛争解決研究者が、日本は紛争解決にどういう貢献ができるかという記者の問いに、「日本は宗教的な色がほとんどない。(中略)仲介役に適しています。」と答えているのが、なるほどなと感じました。さらに同じコーナーで、国際人権法研究者が、「クリティカル・フレンド」(=相手のために耳の痛いことでも忠告してくれる友人)を大切にする重要性を述べていました。
同じ価値観だけの居心地のいい関係も大事ですが、それを超える異質な集団との良好な関係も大事です。けさはいろいろ考えさせられました。
https://www.asahi.com/articles/DA3S15834482.html
写真は記事と関係ありません。イギリス、ロンドン動物園(1994年1月)

参議院選モード

6月に入って世の中は参議院選モードになっているのを感じます。正式には公示日も投開票日も決定ではありませんが、それぞれ6月22日と7月10日の予定で関係者が動いているようです。肝心なのは立候補者の資質と有権者の投票行動です。年齢等の条件が適えばだれでも立候補でき、有権者の投票の秘密も守られるなど、幸いこの国では民主主義の体制が保たれています。この権利を行使しない手はありません。
写真はロンドンの国会議事堂(1993年12月撮影)。

よかボス企業リストのその後

先日の投稿で、熊本県の施策である「よかボス宣言」企業のリスト中に、代表者が不祥事を起こした企業名が掲載されていて、そのことへの指摘と疑問視するメールを担当課に送ったことを触れました。その後10日ほど経ってからですが、回答もないので改めて当該リストを閲覧したところ、現在日付は更新されないまま当該企業名・代表者名がそっくり削除されていました。さすがに、よかボスを宣言させるのはまずかろうという反応だったようです。
さて、昨日、『帝国の計画とファシズム』を読了しました。訳者の言葉を借りると、「(著者のミムラ)氏は、テクノクラートが共産主義や自由資本主義に対抗する企画立案の方策としてファシズムを推進し、ファシズムこそ先進技術と国家精神を結びつけて『持たざる国』に権力への道を示す方途とみなしたと説く」とあります。ここにいうテクノクラートは、文民計画立案者「革新官僚」であり、岸信介がその代表です。岸らは、戦時中にとどまらず戦後にまで影響を及ぼしています。戦時中の統制経済・テクノファシズムに向かう場面で発揮する彼らの能力は非常に高く巧妙であり、その手口は彼らの孫世代の比ではないと驚嘆させられました。
写真は、ロンドンのチャーチル像(1993年撮影)。

写真を並べて考える

写真は、ロンドンのマダムタッソーにあった英王室の面々の蝋人形です(1993年12月撮影)。日本だと皇室の人々をこうした観光の見世物にすることは憚れるのが実情だと思いますが、英王室とゆかりの深い国々では違うというのを、オーストラリアでも感じた経験がありました。1989年12月に訪問したシドニーにある、ニューサウスウェールズ州立美術館では先住民文化の展示もあって、その中に民族衣装をまとった先住民の写真と英王室の集合写真が並べられていて起源は共通であるということが図表でも強調されていたのを覚えています。かつては先住民や移民の民族の違いによる政策があった同国だからこそ、人類史に基づく科学的な思考を大切にしていると思えました。
科学的な思考という点では、今読んでいる『帝国の計画とファシズム』で意外な資料を知りました。原資料から現代の日本語表記に変えて以下に示します。「私が初めてアメリカの土を踏みまして滞在半年の間における印象は、アメリカの非常に強大なる富の力、言葉を換えて申しますると非常に豊富な天然資源を有し巨額の資本並びに溌溂たる企業の精神というものに恵まれておりまして、アメリカの経済界は実に強大なる力を持っていると思ったわけであります。もっともアメリカも当時欧州戦後の不況の余波を受けまして経済界の不況は深刻になっておりましたけれども、我々は日本人はほとんど想像もできなかったような膨大な経済機構を持っている。これに対抗している日本経済の姿というものはあまりにもみずぼらしい。たとえば石油にいたしましてもロサンゼルス付近におきまして石油の井戸の櫓は遠くから見るとあたかも林のごとく立っている。日本の1年の石油の生産額はその付近だけで出る数日の生産額にも及ばない。あるいはアメリカの1か月の鉄の産額が200万トンである。日本では八幡製鉄所で年産100万トンを理想として数年やってきているが、まだ100万トンには達しない」。これは、1926年に米国の産業を半年にわたって視察した商工省官僚だった岸信介の発言記録です。この後の行動には評価が分れるにしても、当時のものの見方はきわめて正しいと思います。現代においては、当時の米国を中国に置き換えて日本があくなき軍拡に走って活路があるのかと考えることができるかもしれません。

おろよかボス宣言

熊本県が実施している事業で「よかボス宣言」というのがあります。働きやすい職場づくりを進める社長や自治体首長を増やそうとして始まったようです。制度が始まった当初、当方へもその登録案内が届いたことがありましたが、部下なしの一人親方の事業所が宣言しても意味ないと、(いらないという意味での)「よか」と判断してそのままにしておきました。ところが、昨日、たまたま別件の調べ物で熊本県のホームページを見ていたら、宣言企業の一覧リストが目に入りました。その中に、不祥事を起こした会社社長の氏名があったので、ちょっと気になり担当課へ問い合わせを出したところです。「よか」という方言にはプラスの意味合いの「良か」もありますが、上記の通り「不要」という意味もあります。さらに、「おろよか」(「おろいか」ともいう)=おんぼろ、「ふのよか」=運がいい、というような熊本の方言もあります。わざわざ宣言することもありませんが、ちまたには「おろよかボス」や「ふのよかボス」も活躍していると思います。
写真は、ロンドンの蝋人形館で見かけた、「007」4代目ジェームズ・ボンド役、ティモシー・ダルトンの人形(1993年12月撮影)。彼の出演は、1987年公開の第15作、1989年公開の第16作の2本だけと短命でした。

どっちが国民にとって害悪か

けさの朝日新聞の社会面では、山口県阿武町の4630万円誤送金事件で、振り込まれた住民男性がカジノサイトで全額を使い切ったらしいと報じていました。その記事中には、町が起こした民事訴訟において返還を命じる判決が出ても、男性に財産がなければ強制執行の手続きをとっても回収は無理である旨の、刑法学者によるきわめて当然の淡々とした解説が載っていました。この衝撃的な事件に関して町外からも怒りの声が上がっていて全国的な注目が高いのは理解できます。ただ、問題の発端は、町の間違いですから、やはり町長以下の責任は問われるべきだろうと思います。
同じく朝日新聞総合4面では、核共有に言及したり、防衛費GDP2%以上の目標設定を主張したりと、なにかと「舌」好調な元首相の最近の動きについて触れていました。この方は、首相在任中に、新型コロナ感染防止に役立たない布マスク発注・配布・保管等に総額約300億円、お友達を招いての桜を見る会に1回あたり5000万円超(2019年)を使わせたことで知られています。そのことで国会議員は辞めていませんし、さらに国民の生命と財産を減らす政策にカネを使えと考えているようです。国民にとっての害悪という意味ではカジノサイトで全額すった前記の山口県民の比ではないよう思えてなりません。
写真は、マダムタッソーの蝋人形館の館内(1993年12月撮影)。王室だろうが何だろうが、首作品(左上角の棚にチャールズ皇太子の顔が見えます)を無造作に晒している英国人気質は嫌いではありません。

覇権のファンダメンタル

今月前半の読書は『ヨーロッパ覇権以前』で楽しみました。栄代から元代をはさみ明代初期まで遠くは東アフリカまで大きな海軍力を伴って交易の海洋進出を果たした中国の盛衰について考察した部分は、現在に通じるものがあって面白かったです。原書が出版されたのは1989年ですから、現在の世界に占める中国の影響の大きさとは異なる頃に書かれた点でも、興味深く思いました。ただ、著者の中国に関する記述は言語の違いもあるのか、間違いも多く訳注によってかなり補正しています。交易のグローバル化による感染症の流入により、ひどいときは中国河南地域の人口の9割近くを失う危機もあったとみられています。国内の経済危機が海洋進出どころではない事態を招き、その後、力の空白にヨーロッパのポルトガル、次いでオランダ、イギリスという具合に海洋進出があり、近代世界システムが形成されていったというのが、著者の見立てとなります。歴史上、覇権の基礎要素として海洋交易と感染症対策があったということを強く印象付けられました。
あと、昨日気になったニュースとしては、山口県においての多額の給付金誤入金事件で返金を求められた若者の所在が不明になって、町が民事訴訟に出て相手方の氏名を公表する事態となった問題です。訴えの中でこれまた多額の弁護士費用も上乗せされていましたので、行方をくらましている誤送金されたばかりか借金を無理やり追わされたようなものです。しかし、この若者のように普段手にしたことのない多額の現金を手にすると、ここまで後先の損得勘定がわからなくなるものなのでしょうか。逃げ回るというストレスを抱えているでしょうから、どんな心理状態なのか、心配です。もっとも、多額の現金を預かっているとおかしくなる例は山口の若者に限りません。たとえば、成年後見人を務める弁護士が今回の倍以上の預かり金を競馬につぎ込んでいたという事件が本県でもありました。法律の専門家でもこうした常識外れの行動をとる人は珍しくありません。いわゆる士業専門家の中には若い頃に資格取得に専念するあまり会社勤めなどの社会人経験がなく、身だしなみが疎かなことはもちろんのこと、人付き合いでも独善的な人が結構います。こういう輩は人から忠告されるとコドモのように憤慨して反論するので要注意です。たいていの大人は、こんな場合、当の本人を刺激しないように口をつぐんでいるだけですから、当の本人側は自分が周囲からどう見られているか普段気づいていないのが実態なのです。いつの世もそのように動いているものです。ともかく成年後見人も家庭裁判所からハズレの専門家をあてがわれることがあるので、それを利用しないで済む対策を講じることが重要かもしれません。
写真は、ファンダメンタルな話の投稿をしていたら、パンダメンタルな気分になったのでロンドン動物園で見たパンダです(1994年1月撮影)。海外では、このロンドンと天津で見たことがあります。

たかが入国禁止対象者リストだが

昨日ロシア外務省が公表したロシア入国禁止対象者の中に、大学のゼミでの先輩にあたる中村逸郎氏の名前がありました。ただし、所属は4月に別の大学に転任したにもかかわらず前任大学の教授職となっていました。禁止対象者の所在をフォローしていないとも受け取れるリスト表示に情報機関の能力低下を垣間見る思いを持ちました。ところで、写真はイギリス・ロンドンのテートギャラリーからテムズ川越しに見えるMI6の建物(1993年12月撮影)。今、読んでいる『ヨーロッパ覇権以前』で描かれている13世紀のイギリスは、世界システムでは周縁もいいところの場所です。歴史をさかのぼると、まだまだ若い国家に見えてくるので不思議です。

ヨーロッパ覇権以前

昨夜からジャネット・アブー=ルゴド著の『ヨーロッパ覇権以前』(岩波現代文庫、上・下各1400円+税、2022年)を読み始めています。原書は1989年に出版されていて、著者も2013年になくなっています。本書は13世紀のユーラシア大陸における世界システムについて書かれているので、海洋国家として覇権をなした英国はもちろん日本については登場しません。序文の記述の中で歴史専門家の役割の大きさというかその仕事の厳しさについて触れた点が印象に残りました。たとえば、「彼らが研究のために必要とする言語を修得し、重視する文脈理解のための技術を磨くのには一生を要するであろう。」「必要な言語にもっと精通し、歴史のよりよい訓練を受け、そして私が描こうとした絵画を改善するために所与の諸地域についてより深い理解をもつ人びとを刺激してほしいものである。」などがそうです。歴史を学ぶ際には、その誘い手の資質が重要で、訓練を受けていない著述家の話は聞くに値しないどころか有害ということが分かります。海外のことはその地域の過去の言語についても知らなければ理解につながらないとも言えます。
写真は1993年に行ったロンドンの蠟人形の館にあったゴルバチョフとエリツィン。今、かの国の大統領の像があったら無事ではない気がします。