法の下の平等

裁判官にとって違憲判決を出す機会はそうそうないことだと思います。科学的な知見の進歩や社会と国際法の考え方の変化によって法律が憲法に合わなくなることがあるわけで、そうして制度を変えるきっかけになる場面に立てることは一度あるかないかなのではないでしょうか。一昨日、札幌地裁で同性婚を認めない民法や戸籍法の規定は、法の下の平等を定めた憲法14条に違反するとの判断が初めて示されました。性的指向は人の意思で選択や変更はできないので、異性婚で生じる相続権などの法的効果の利益が、同性婚では等しく受けられないのは合理的根拠を欠いた差別にあたるというわけです。現行規定の制定当時は、同性愛を精神疾患とみなしていましたが、現在は科学的に完全に否定されています。性的指向や性自認は性別や肌の色と同じく変えられたり強いられたりするものではないとされていて、国際法もその考えに立つようになってきています。
これとは別の問題になりますが、同性婚が認められるなら、なおのこと選択的夫婦別姓も早く認めるべきなのが自然ですし、カップルの子どものもちかたは出産に限らないので、生活力のある同性カップルによる特別養子縁組の促進に踏み切った方が、社会の底上げになると思います。