ケチが付き過ぎた

東京五輪・パラリンピック組織委員会の現会長が辞任し、次は一つ年上の老人が就くという報道が出てきています。しかし、半年後に通常開催が限りなく困難な状態の中で実施する必要があるのか、国民の支持がすでに得られない環境にあるように思います。もっと他のことにお金は使うべきですし、無理に開いても経済効果があるどころか、さまざまな余計なリスクの発生の心配をしなければならないと思います。