最後は独り

一昨日、昨日と親族の弔事に参列しました。葬儀場でのコロナ対策については見聞きしていましたが、火葬場への参列も10人前後に絞られる入場規制が設けられていました。親族の火葬の前の時間に近隣で起きた事件被害者の火葬もあっており、享年はさして違いがないのですが、最後の見送られ方の違いを感じました。一方でどのような人生であれ、最後は独りずつ逝くわけでそれはだれも同じなのを改めて感じる機会となりました。