著作権について

著作権について改めて学習してみると、いろんなところで係わりがあることを知ります。よく間違えられるのが所有権と著作権の関係です。たとえば、会社のホームページをウェブデザイン会社に委託して制作してもらったとします。著作権譲渡の取り決めをしておかなければ、ホームページの所有権は委託した会社にあっても、そのホームページのデザインを使用してセールス用のパワーポイント資料を会社が作ると、それを知ったウェブデザイン会社から請求される恐れがないとはいえません。著作権は登録制度はあるものの二重譲渡した上で譲受者がそれぞれ登録すれば、同一の著作物が二重登録される恐れもあります。1967年に死亡した人と翌年以降に死亡した人とでは死後に保護される期間が20年間も異なります。これなどは最近の法改正でそうなったわけで、たえず新しい情報を理解していないとたいへんなことになると思った次第です。