信頼と知性の有無についての簡易判別法

質問を受けても「その指摘は当たらない」と理由説明を拒否して「いずれにしても」と前置きして結論だけを繰り返す人物がいたら、信頼に値しないことを請け合います。また、そうとしか答えられないのに物事を進められないとしたら、そうした人物の知性を疑ってみることを勧めます。