日別アーカイブ: 2022年5月9日

国際交易の歴史

このところ1章ずつ読み進めている『ヨーロッパ覇権以前』にすっかり魅了されています。つい1000年足らず前、東(中国)の商品と西(ヨーロッパ)の商品の交易はありましたが、ムスリム商人が中継していたこともあってそれぞれの地域に住む人にとってお互いは未知の存在であり、絹にしても綿にしてもそれらの原材料がどのようなものから産出されるのかさえ知られてなかったといいます。侵略や略奪から得る一時的な富よりも国際交易から得る継続的な富が価値が高いことを学ぶにはかなりの年数がかかりますし、現代においてもその価値を判断できない資質の人が権力者の位置に収まってしまうことがあることに気づかされます。写真は、パリのアラブ世界研究所(1991年12月撮影)。窓がカメラの絞り機能で採光できる仕組みになっていることで有名です。当時から入館する際にセキュリティチェックがかなり厳しかった覚えがあります。