日別アーカイブ: 2021年7月24日

開会宣言で見えた演出

昨夜の東京五輪の開会式の模様は23時台ごろから視聴しました。面白かったのは、名誉総裁が起立して開会宣言を述べ始めてから慌てて開催都市の知事が立ち上がり、それに気づいて出し抜かれた開催国首相が腰を上げたシーンでした。こればっかりはどんな演出家も考えつかず、都知事と首相の人間性が一瞬にして切り取られた名シーンだったと思います。第一に、名誉総裁が起立する前に率先して立って宣言を待つという礼儀を二人は持ち合わせていない点が見てとれました。第二に、都知事が首相に起立を促すでもなく、我先に出し抜いてやろうという悪意が垣間見えました。第三に、基本的な礼儀に無知であり、追随しかできない無能な首相の資質を世界へ示してくれました。コロナの祭典の一場面として記憶にとどめたいと思います。