日別アーカイブ: 2021年5月21日

ミランコビッチサイクルと人新世

地球に気候変動を起こす原因としては、地球の回転運動によるものと人類の産業や消費の活動に伴うものとがあります。前者の地球の自転運動や公転運動の周期的な変化はミランコビッチサイクルと呼ばれます。過去70万年間に限ると10万年周期であって、公転軌道の離心率、自転軸の傾き、自転の歳差(自転軸の方向)といった3つの変化があり、北半球の高緯度における日射量の変動により、氷期と間氷期という寒暖の入れ替わりがもたらされるそうです。後者は、人新世と称されますが、化石燃料消費や永久凍土融解による地中有機物分解促進からくる二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガス発生があります。問題なのは、人新世の影響が、地球の回転運動の周期と氷期と間氷期という寒暖の入れ替わり周期との時間スケールにズレを生じさせることになるということと、氷期と間氷期それぞれの平均気温を変えてしまうということにあります。現在生きている人類はまだ大きな弊害を受けないうちに亡くなるかもしれませんが、遠からず人類が生きていけない地球へ変化する危機は現に存在します。こうした知識について今の学校教育では学んでいるらしいです。高齢者でも何ができるか考える必要があります。