日別アーカイブ: 2021年5月6日

総合知・共同プロジェクト・当事者意識

最近国会に提出される法案において条文間違いがたびたび発生しているようです。この問題について官僚出身で現在は政令指定都市の市長を務める人物が自身がかかわった条文間違いを引き合いに法案作成過程の実態と予防策について本人のブログで書いていました。このように当事者経験のある人の提言は重要だと思います。ミスが起こりえる環境については当事者しか知りませんし、立場上なかなか外へ出にくい情報だと思います。それで、予防策については、国会提出前にホームページ等で一般の人に見てもらうことを提言しています。一般の人といってもその法案の分野に明るい学者や研究している学生が含まれるかもしれません。私らのようなもの好きな実務家がひまつぶしに目にするかもしれません。実際、私が所属する団体の規則改正案でも間違ったままの状態で会議に上がってくることがありますから、できるだけ総合知や共同プロジェクトの形をとった方が完成度が高いものに仕上がると思います。それと、そうした法案にかかわる人の当事者意識の醸成が必要です。いわれて作業するものにはどうしてもほころびが出ます。たとえ決まりごとが成立しても思ったような政策効果が出ないことにもなります。