日別アーカイブ: 2021年2月18日

不正署名は住民への冒涜行為

愛知県知事の解職請求にかかわる署名の大半が組織的不正だったことは、同県民の意思を偽造する重大な犯罪行為であり、看過することはできません。そうした不正にかかわった連中は、住民に対する冒涜行為であることを理解できてなかったわけで、政治を語る資格以前の知的水準しかないのではと思わされました。
ある目的を達するためには、その過程も正当でなければなりません。五輪組織委員会の後任会長選びもしかり、新型コロナ対策のアプリ開発もしかりです。これが後任にふさわしい資質・過去の言動の検証や開発費用や手法が適正か、批判に耐えうるものなのか、判断できる人材で進めてほしいものですが、アスリートにしても官僚にしても大丈夫なのかと思わされる出来事が多いように感じます。