日別アーカイブ: 2020年11月20日

食品衛生管理が変わりました

すでに半年近く経過していますが、実は今年の6月1日の改正食品衛生法施行によるHACCP(ハサップ)制度化のため、すべての飲食店においてHACCP導入が法的義務となりました。ただし、現在は1年間の経過措置となっています。新型コロナ感染防止が必須である今だからこそHACCP導入の意義が高まっているともいえます。その導入支援にあたれる専門士業者は行政書士です。
私自身の衛生管理に関する経験といえば、第一種衛生管理者免許を有していることもあってどちらかといえば労働安全衛生の観点から従事したことがあります。しかし、これからは食品衛生管理の点でもお役に立てるよう研鑽に努めていきたいと考えています。
ところで、HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去または低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法のことをいいます。Hazard Analysis and Critical Control Point(危害・分析・重要・管理・工程)の頭文字をとったものです。