2019年」タグアーカイブ

J3開幕

J3が開幕しました。ロアッソの初戦はホームで長野とでした。2度先行され辛くも2度同点に追いつきました。ゲームスコアを見る限りではスリルがあったかもしれませんが、J2への復帰が至上課題なので満足はできません。スタジアムへは行きませんでした。くまモンは自治体のキャラクターということで、今季からユニフォームにプリントできなくなりました。はたして、くまモンのスタジアム応援はどうなったのでしょうか。

川崎病のいま

読売新聞の医療ルネサンスという欄で、川崎病の今についての連載が、3月5~8、11日の5日間組まれています。本日で4回目を迎えますが、本人が発症したことを知らないまま成人し、今になって心臓冠動脈に閉塞があることがわかった事例もあるようです。また病歴があってもその後診療を長らく受けないことによって、ある日心筋梗塞を起こすリスクもあります。皆さんに知ってほしい記事だと思いました。

通夜参列

所属団体の前会長の通夜に参列しました。全国の単位会や取引先からの生花スタンドがおそらく100基以上立ち並び、参列者も多数ありました。開式のアナウンスでも故人名の前に職名が付けられ、同じ士業職の喪主のあいさつでも、とにかく最期まで職務と研鑽に励まれた人生が語られ、専門職業人として全うされた凄みを感じた通夜でした。さて、私はこれからどのような時間を過ごしていくのか、少なくとも家業はありませんので、ずいぶん異なる道を辿りそうだと思いました。

葬送について

たまに海洋散骨や大学医学部への献体希望の話を伺うことがあります。まず海洋散骨についてですが、遺骨を撒くことは望ましくありません。沿岸から遠い外洋で遺灰を撒くのは認められると思います。近海で漁業や養殖が行われている海域ではやめるべきです。そのため、海洋散骨を望むのなら火葬においても粉状になるまでよく焼いてもらう必要があります。次に献体ですが、亡くなると遺体を大学から受け取りに来てくれます。ただし、注意しないといけないのは、遺族の元に火葬された遺骨が戻ってくるのは数年先になります。したがって、葬儀や納骨の時期は未定となります。遺族となる方がいない場合の献体については、本人が葬儀や納骨のあり方についてもその意思を明らかにするなり、それを託す人を指名しておかなければ願いは中途半端になってしまいます。

身じまい

昨日は所属団体と金融機関との合同のエンディングノートセミナーに参加しました。そしてきょうは地域密着型の介護事業所の運営推進会議に出席しました。どちらも看取りが話題になりました。たとえば、救急搬送や献体希望についての取り扱いについては、本人の希望をあらかじめ確認してもしもの際にその意思に沿う必要があります。ただし、その希望をかなえるならどのような問題が起こるかも本人や家族も十分理解しておく必要があります。

いまどきのインフラ

新生活に備える家族のために昨日もう一つ立ち寄った量販店が情報家電分野でした。いまどきの学生生活はインターネット環境、それもWi-Fi設備がないとどうにもなりません。大学からの学生向け情報伝達はもちろん各種申込登録もネット経由になっています。保護者に対する成績開示もそうです。ちょっと前までならこのネット環境を自宅に構えるため固定電話回線が必要でしたが、現在は電波を利用した接続が普通になってきました。わが子の場合もWiMAX利用で検討中です。

フレッシャーズフェア

進学先が決まった子どものために紳士服量販店でスーツ、コート、ネクタイ、ワイシャツ、靴下、靴、ベルトを選びに行きました。一揃い買い求めるとそれなりの値段はしますが、入学式、成人式、就活を見据えると安いものです。これが女性の成人式の着物になれば法外な出費で、意味を感じません。それにしても本日訪れた店舗は、大賑わいでした。それぞれの進路に備える家族の姿があり、幸せな光景でした。

動画面接

大学新卒予定者の採用手段として動画面接が活用されているとけさのNHKのテレビニュースで紹介していました。お互いのコスト削減のためには有効なツールではあるようです。動画の編集力やアピールポイントの構成力が問われると思います。

明日は公立高校卒業式

我が家でも関係するのですが、明日3月1日は県下の公立高校の卒業式となっています。3年前の4月に大規模な地震があり、5月の連休明けまで休校し、体育大会も中止されたあおりで、今度の卒業生の高校生活は余計短く感じられたことと思います。そうした非常時の体験を経て進路選択にもいろんな影響があったかもしれません。たくましさと同時に他人を思いやる人に成長してもらいたいと期待しています。

八代駅

本日の朝は八代で用があり、八代駅に降り立ちました。意外と降車する乗客が多くて驚きました。今月駅舎が新しくなったのですが、県内第2の都市にしてはチープな風情で付近の工場の煙の下でくすぶっている感じがしました。特産の晩白柚をイメージする明るい暖色系にした方が元気が出る感じを受けたのではと思います。

民度と民意

昨日投開票となった沖縄県の県民投票の民意は、辺野古埋め立て反対が大多数と出ました。加えて軟弱地盤があることから改良のために当初の計画よりも多くの費用と期間が要する情勢となっています。そのため、辺野古埋め立てを強行しても代替基地の完成が見通せない限り、普天間の早期返還時期が難しいという環境に政府自らが追い込まれた感じがします。辺野古を埋め立てなくとも普天間を県民に返せと政府は米国へ求めていくよう政策転換を図るべきです。もともと離島奪還の有事に際して普天間にあるオスプレイは役立たずの装備品です。つまり抑止力にはなりえないだけでなく、攻撃目標になりえるという意味では、危険を誘引する存在です。沖縄の民意を尊重する本土の民度が今問われています。