代替大会開催

高校スポーツの各種代替大会が開かれています。昨日は県高校総体ウエイトリフティング競技に代わる「2020熊本県高等学校ウエイトリフティング競技大会」が実施され、9人の3年生選手が出場しました。記録的には低調でしたが、一つの区切りにはなったかと思います。高校に連なる大学スポーツも練習や試合が制限され、競技実績の点では空白の期間が長引きそうです。この期間を利用して基礎体力を付けるのもいいでしょうし、さまざまな理論を学ぶのもいいでしょう。いずれにしても第一線の選手としての活躍期間はそう長いものではありません。スポーツ以外の世界の学習に専念することも進めます。