医療ツーリズム

放送大学の行政法のテキストにはさまざまな実例が載っていて、明日、今回の新型コロナウイルス肺炎が、指定感染症として閣議決定される見込みの感染症予防法も扱われています。今まで存在を知らなかったさまざまな行政法に触れることができ、この分野の奥深さを改めて感じています。さて、先進医療のサービスを受けるために訪日する旅行のことを医療ツーリズムといい、その目的の旅行者のことを医療インバウンドというようです。発生した中国国内での医療が立ち遅れている中、富裕層の医療インバウンドを受け入れる考えがあってもいいと思います。無理して統合型リゾートを作ってもすでに実績のあるマカオや韓国から奪うだけの魅力があるとは思えません。人の移動を閉ざさず、日本の医療サービスや医薬品・器具用品を購入してもらうことは、利益があることだと考えます。