第1回東アジアWL選手権大会

隣国である韓国の大統領の2020年新年あいさつで南北の持続的なスポーツ交流を強調したくだりがあり、その中で今年初めて開催される「第1回東アジアウエイトリフティング選手権大会」に言及しています。同大会は、2月27日から3月3日までソウル五輪ウエイトリフティング競技場で開催されます。昨年10月に北朝鮮・ピョンヤンで開催された2019アジアユース・ジュニアウエイトリフティング選手権大会には、韓国から選手が出場しましたし、今回は逆に大韓ウエイトリフティング連盟からアジア連盟を経由して北朝鮮側へ招待状が送られています。つまり、北朝鮮の選手が出場する可能性のある大会なのですが、この競技の国際審判資格を持つ私の元へも審判参加募集の案内がありました。残念ながら大会期間中の先約があり応募はかないませんでしたが、東京五輪への南北の対応を見据えて興味ある大会です。