未登記物件の相続は

近く親族の相続登記を控えていますが、家屋が登記されていないことは、あり得ます。登記は義務ではありませんから、未登記物件の相続登記をわざわざ行うことはないと思います。逆に登記しようと思うと、保存登記のための費用や図面の準備が必要となります。遺産分割協議書の中に未登記物件が含まれていても、それを法務局から相続登記しなさいと求められることはないようです。建物の敷地の所有者が変われば、その建物の固定資産税の課税義務者も所有者に変わるのではないでしょうか。