公益性はあるのか

桜を見る会と大嘗祭の内容と公金支出のあり方が話題になっています。どちらも公益性が問題です。公金を使う以上は公益に資しているのか、その正当性が問われます。私的行事であったり、もともと公的行事を私物化したりすれば、公金の使い方に疑念が生じます。諸課題を見渡すと、公助の拡充が必要なものが山積しているのを感じます。写真は、高野槇です。