在宅医療介護は自助なのか

在宅医療介護連携推進事業の講演会に参加しました。医療の現場が通院にしろ入院にしろ受入余力がない状況から在宅での医療介護を住民に理解させる内容でした。一つは国の方針が、医療にしても介護にしてもその保険財政負担が増加しているのでそれを減らしたい意向があります。もう一つは昔は自宅で亡くなるのが自然であって、多くの人も最期は自宅で迎えることを望んでいるという願望に由来します。ですが、高齢者のみの世帯が多い今の生活では最期を自宅で迎えるというのは至難のわざです。高齢者と普段は別々の暮らしをしている親族が介護に携わるのは非常に負担が重いと思います。当人の意思が明確ならいいですが、それが困難な場合は親族ではない専門職が判断して対処しなければならないケースも多いと考えます。行政説明のスライドでは、これまで公助より小さい図形の自助の重みを示す図形が、これからの自助は公助より大きい図形で示されていました。これでは相対的に公助の役割はマイナスということになります。市町村の行政は、国の言いなりでしか働かない態度で済むと思っているのではと、疑問に思いました。