移民に選ばれる国といえるか

翁邦雄著『移民とAIは日本を変えるか』(慶應義塾大学出版会、2000円+税、2019年)を読みました。日本における人口減少は確定的未来ではなく、国民による選択の余地が大きいと著者は言います。移民の増加は人口ピラミッドの姿に大きな影響を与えつつあると見ています。ちなみに政府はしばしば移民政策はとらないとケムにまきますが、国際的定義によれば3カ月以上の移住を指しますので、技能実習生も移民として捉えます。そこで、移民に選ばれる国としての受け入れ体制が課題になります。統合ではなく包摂という考え方を示していました。一部に治安悪化を心配する向きがありますが、初めから犯罪目的で入国する外国人は少なく、劣悪な職場から逃れて生活困窮の結果、そしてしばしば日本語能力も貧弱なまま罪を犯したケースの多さに目を向けなくてはならないと思います。ドイツの移民政策やベトナムの国民性の情報も参考になりました。AIの進化については労働者の仕事を一部代替していく省力化で労働需要を一部緩和し、かつ労働需要を高賃金と低賃金とへ二極化させる可能性が高いと著者は言います。ただし、中期的視野で人口減少を相殺し、大失業を発生させる可能性は小さく、むしろ人口減少圧力がまさることが予想されると見ています。結果として移民への期待は今後も高まるというわけです。繰り返しになりますが、問題は移民に選ばれる国であるかどうかを考えなくてはなりません。