安易な仮払い利用は危険

今週末に地元でエンディングノート活用の講話を行います。その中で、相続法の改正についても少し話をします。7月1日から施行になった相続制度の一つとして遺産分割前の仮払いがありますが、故人の借金が多い場合、安易に利用してしまうと、後で「相続放棄」ができないことがあるので、慎重に考えないと危険です。
相続が開始した場合、相続人は次の三つのうちのいずれかを選択できます。その選択は、自身が相続人であると知ったときから3ヶ月以内に行う必要がありますので、その見極めがつかない時期に仮払いを利用すると、単純承認したとみなされかねない危険があります。
1.相続人が被相続人(亡くなった方)の土地の所有権等の権利や借金等の義務をすべて受け継ぐ「単純承認」
2.相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない「相続放棄」
3.被相続人の債務がどの程度あるか不明であり、財産が残る可能性もある場合等に、相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ「限定承認」
※相続人が、2の「相続放棄」又は3の「限定承認」をするには、家庭裁判所にその旨の申述をしなければなりません。そして、これは 自身が相続人であると知ったときから3ヶ月以内に「相続放棄」や「限定承認」の手続きを取らなければ、自動的に「単純承認」となります。「限定承認」をする場合には、相続人となった人全員が共同で申し立てすることになります。