健診受診率を上げるには

市の健康づくり推進協議会に本日出席しました。市内の国民健康保険被保険者の特定健診の受診率が上がらないことが課題となっています。受診率が低いと病気が見落とされる危険が高まり、重症化してから医療機関にかかるので、国保財政が悪くなる、保険料の値上げへ向かうことを行政は危惧しています。受診率が上がれば、その成果を評価して国から交付金が出るそうですが、地元市は県内最下位の交付額なのだそうです。受診料を無料にしたときは少し受診率が上がったそうですが、今はそうではありません。もともと国保は社保と異なり、被保険者は個人事業主や非正規労働者、無職の方です。社保被保険者であれば、勤務している事業所が費用も負担して受診させますから、国保被保険者の受診率が低いのは当然に思えます。無料で受診を促すしか手はないように感じます。