LGBTと任意後見

成年後見制度についての勉強会で、LGBTパートナーが互いに任意後見契約・死後事務委任契約を結ぶことで、通常の配偶者(推定相続人)が行うのに近いパートナーの終活が実現できることにについて知りました。ついつい専門家が後見人になることを考えがちですが、法律婚でなくとも信頼おけるパートナーが後見人になってくれるのが、当事者にとってはベストだと思います。使い勝手が悪いといわれる成年後見制度ですが、活用しきれていない面もあることを感じました。写真は、宮崎県の青島の風景です。