丸木作品展示への期待

昨日は水俣病歴史考証館を運営する一般財団法人水俣病センター相思社の理事会に出席しました。前年度下半期に、このたび建物解体されることになった、乙女塚の「みんなの家」から「沖縄の図」「原爆の図」「水俣の図」で世界的に著名な丸木位里さん・俊さんの作品が、考証館へ寄贈されました。考証館内での整備された保管環境の中で、早く公開展示されることを願っています。そのための資金支援や全国の丸木作品収蔵ミュージアムとの紹介交流が生まれることも期待しています。