環境と公害2019年1月号

岩波書店から季刊で出ている『環境と公害』の最新号が、「水俣病の疫学」と「東日本大震災と原発事故〈シリーズ33〉ふるさと喪失の被害実態と損害評価」の特集を組んでいたので、即買いしました。さらに、巻頭エッセーは沖縄に対する歴史的差別をテーマとしたものでした。これから、水俣ー福島ー沖縄が抱える問題はつながっていることを意識しながら読んでみたいと思います。