カバークラス

熊本県がひとり親世帯の児童を対象にした学習支援事業を5年ほど前から始めていたのをうかつにも知りませんでした。昨日受けた研修のなかで県の担当者が紹介したことで知ったしだいです。たとえば、学習支援員は「カバークラス」という愛称の県知事名による登録制になっています。知事の名前と補完する意味のカバーを掛け合わせたネーミングはともかくあまりこの事業が知られてはいないようです。ひとつは運営が母子会になっているので、募集受付の広報や教室の場所、講師、児童のコーディネートが政令市である熊本市内中心になりがちだからかもしれません。既存の学習塾でもこの県の事業の一環で応援塾としてひとり親世帯児童の受講料は割り引くことを表明していますが、これも熊本市内中心です。地元の市内では3つしかありませんでした。