全国高校選抜県予選

3月に実施される全国高校ウエイトリフティング競技選抜大会の県予選が本日開かれました。結果は出場申込に際しての基準記録の達成者がゼロに終わりました。今春高校5冠の選手が卒業するので、県下の競技レベルはしばらく冬の時代を迎えます。指導教員が勤務校を異動しても空白が生じないように競技に理解のある教員が多数いないと選手層は厚みを増しません。他県出身者を採っていくのか、地元出身者を養成するのか、あまり期間がかかりすぎてもいけませんし、対策にはカネと理解が求められます。