水俣市環境クリーンセンター見学

地元校区の区長さんたちとの研修で、水俣市環境クリーンセンターを見学しました。20年以上も前から20種類以上の分別ごみ収集を続けています。きっかけは、ガスボンベの爆発事故により処理施設の補修に多額の費用がかかったからだそうです。近年は、生ごみ処理箱「キエーロ」の普及に熱心に取り組んでいるということでした。驚いたのは、資源ごみの売却益が相当な金額になり、その半分が地域へ還元されている点でした。