もうすぐ2019年

年明けから県の文書の年表示に西暦が併記されるようになるとの報道がありました。発信日だけでなく、たとえば将来の期限を示す場合に、10年先の平成41年という表記だけであれば、改号後はいったい新元号の何年か、即座にわかりにくくなりますので、便宜を図った対応だといえます。当社の決算後の業務はいつもより早く年内に完了しました。年明けの予定も埋まりつつあります。明日からは2019年です。