インターネット署名

辺野古のヘリポート基地建設に伴う土砂投入について来年2月の県民投票までの中止を米大統領へ求めるインターネット署名が昨日10万人を超えたという報道がありました。著名人の呼びかけはあったかもしれませんが、手段がインターネットということと、求める相手が国外のトップということもあって集めやすかった側面はあると思います。私のように自由業的立場の人であれば、政治的信念も表明しやすいですが、ある業界、ある組織に所属している人たちは、顕名で行動することはやりにくいと思います。おそらく今回の10万人のほかにも同じ思いをもっている人は多いのではと思います。宛先が米大統領だからといって日本政府はこの結果の評価を見誤ってはなりません。

https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa