実店舗の難しさ

昨夜、前の用件が終わって次の予定まで空き時間があったので、熊本市内の2つの書店を訪ねました。ネットでアタリをつけていた本を探しましたが、地域では有数の書店でも置いていないことが多くあります。なかなか読者層の薄い分野の書籍に売り場スペースを割く余裕はないのかもしれません。その代わり店ごとに学習参考書だとか、地元関連だとか、分野を絞って販売に力を入れている印象を受けました。写真はタコ壺の生産量が日本一の内田皿山焼の風景。