ベースロード電源の見直しを

九州電力による太陽光発電の出力抑制には、納得がいかない消費者が多いと思います。どう考えても原子力発電を稼働させる意義が見いだせないからです。もともと無料のエネルギー源である太陽光と複雑な設備装置や管理システムを必要とする原子力ではコストが比較になりませんし、何よりも原子力の場合は、放射性廃棄物の処理に悩ませられる弱点があります。九州をエネルギー政策の先進モデルとしたベースロード電源の見直しを図るべきです。