私たちが知らなかった声を聴く

水俣病センター相思社常務理事の永野三智さんが先月、著書『みな、やっとの思いで坂をのぼる 水俣病患者相談のいま』(ころから、1800円+税、2018年)を刊行しました。10月6日の朝日新聞読書面には、哲学者の野矢茂樹氏による同書の書評が「私たちが知らなかった声を聴く」という見出しで載っていました。心打たれる紹介でした。