明治150年の歴史観

来年の改元を前に今年は明治150年をめぐる考察が盛んです。当時の日本人に影響を与えた人物は数多くいますが、中でも現在の1万円札に肖像が使われている人物はその最たる存在です。功績は何といっても門閥意識の打破でした。しかし、その人は国の上下関係、次第に現在の中国・朝鮮を蔑視する方向に向かいます。宮崎滔天のようなスケールの大きな人物は、共存を常に意識していました。将来高額紙幣ができるなら肖像については、滔天がふさわしいように思います。