墓ないは儚いか

台湾北部にある金寶山は、テレサテンなど富裕層の一大墓地となっています。海を望む場所です。生きている間に住む場所も高層住宅中心の都市部の住民からすれば、この写真にあるような過密ぶりは気にならないのかもしれませんが、遺族からしてもこの山まで墓参に出かけるのも自動車がなければ一大行事となります。墓地開発管理もいずれ立ち行かなくなるのではないかと思います。