数ミリの捕縛

玄関先で数ミリの物体の動きがあったので、目を凝らしてみると、数ミリの黒い虫の周りを糸を引いた、その黒い虫より小さな淡い色のクモが、獲物に糸を巻き付けようと時計回りに周回しているところでした。それは、非常に無駄のない速い動きで、瞬く間に獲物の虫が糸でグルグル巻きにされていました。不気味な現場ですが、この捕縛技術の高さに感服しました。警察犬のようにある匂いに反応して発生源へ向かっていく警察昆虫の研究が行われているそうですが、これもそれに類する場面でした。