豪雨災害からの復旧作業についての考え

今月起きた西日本各地の豪雨災害の惨状には心傷みます。住宅浸水の被害においては土砂も流れ込んでおり、炎天下での復旧作業の疲労はいかがばかりかと思います。行方不明者の捜索などは当然急がなくてはなりませんが、深刻な住宅被災の場合については当事者の体力気力、協力体制なども勘案して取り組む必要があるかと思います。助かった命を消耗させないことが重要だと思います。