中学校訪問

民生委員児童委員の活動として児童福祉の向上に対する支援があります。そのため、小中学校へおじゃまし、情報交換会の場が毎年設けられています。本日訪ねた中学校の校長先生は、社会の変容に対応できる自立した生徒の育成に力を入れられているということでした。確かにこれが絶対無二の正解というものはありません。持論に固執した行動ではかえって解決を遠のかせることがあると思います。中学生にいえることが、民生委員児童委員を務めている大人たちにもいえることではないかと思いながら時間を過ごしました。