成人年齢の引き下げについて

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が昨日成立しました。施行は2022年4月1日からですが、これにより行政書士になれる年齢も施行後は18歳以上になります。行政書士の業務は、相続や遺言など高齢者支援にかかわることが多いですが、たとえば遺言執行者の受任は高齢者よりも断然若い人の方がふさわしいわけです。大学生であって週末は行政書士という方が生まれるかもしれません。そうした優秀な方の4年後の入会を楽しみにしています。