人生100年か

日本行政書士会連合会が募集していた行政書士による高齢者支援のキャッチコピーの採用作がこのほど決まり発表されていました。それによると、「人生100年 あなたに寄り添う 行政書士」ということでした。私も応募はしたのですが、人生100年は思ってもみませんでした。そこまで働く気はさすがにないからです。業務歴30年を目指すのであれば79歳になります。いまでいう後期高齢者になってしまいますから、果たして有効な高齢者支援ができるのか、はなはだ心もとない次第です。どのくらいの仕事に留めるか、年齢と頭脳と身体と、いろいろ見極めながら行きたいと思いました。けさは不知火海を見ながら水俣を訪ねました。