8のテーマで読む水俣病

著者ご本人より『8のテーマで読む水俣病』(弦書房、2000円+税、2018年)刊行のご案内を受けましたので、紹介します。水俣病事件の読み解き方はいろんな面があるかと思います。私自身は職業柄も一国民という立場からも、行政や企業の犯罪を糺す後追い政治とそうした過ちを予防する理想実現のための先行政治の問題として追っていきたいと考えます。