出向くことの大切さ

昨今は電気のメーターさえスマート化して検針員の仕事はなくなってきています。ましてや普通一般の住民が他人の居宅を訪問する機会は少ないと思います。私の場合はたまに公的な業務で訪問することがあるので、いろいろな発見があります。いかに社会的に高い地位の仕事についていても日ごろ訪ねてくれる狭い世界の人としか出会わないと感覚がずれてくる気がします。自ら出向いて得た経験を関係先への提言として生かしていきたいと思います。