BIと人権

井上智洋著『 AI時代の新・ベーシックインカム論』(光文社新書、840円+税、2018年)は、新書ながらなかなか読み応えがありました。先に読んだ、ガイ・スタンディング著『ベーシックインカムへの道 正義・自由・安全の社会インフラを実現させるには』(プレジデント社、2000円+税、2018年)が、BIの歴史や世界での実情といった基礎的・普遍的分野を取り上げていますが、井上本は、もっと日本での導入を意図した考察に重点が置かれています。日本における儒教的倫理感が最大の障壁と捉えているのが印象的でした。しかし、スタンディング本の副題にもある通り、BIがもたらす正義を考えると、自己責任論の誤謬を丹念に突き崩していけば、日本での導入も十分考えられるとも思いました。BIのメリットとしては、お金の流れ方を変えるというのがあると思います。現在は、生活保護や児童手当、雇用保険、公的年金を除いて、政府→銀行・企業→企業→家計となっていますが、企業で多くのお金が止まってしまいます。企業が徴税を担っていることもありますが、家計消費が喚起されません。これを政府→銀行→家計とすることで、消費が増え、働いている人の所得も増えますし、今の生活保護受給からの脱出も図れます。AIでなくなっていく銀行業界を助けることになるかもしれません。まずは必要最小限の文化的生活を保障する憲法の精神を実現を図る正義から考えてみたいと思います。