仮想現実

脳科学に関する書籍の書評の記述の中に、物質には色はついていなくてそれを色で認識するのは脳だとありました。確かに色は光の反射で現れるものですから、この眼で見ている世界はあくまでも各自の脳の中の仮想現実といえるかもしれません。したがって、人工頭脳をもつロボットが見ている世界も人の脳と変わりがなく、人間の脳と機械の脳が近い部分もあるようです。人が犯かす罪には脳にダメージを与えるものがありますが、戦争や公害病などこれはもっとも重い罪になると思います。