懸案は山積している

最近長年そのままにされていた案件の取り扱うことがあります。当事者も専門家に相談されたことがあるようですが、解決せずに年月だけが流れたというケースです。なかなか面倒な案件だと向き合おうとしない専門家がいることも残念ながら事実です。行政がらみだとなおさらです。しかし、解決の糸口はあるものです。