武器商人のカモでしかないのか

先日の日米首脳の共同記者会見を見ていたら、米国大統領はつくづく武器商人だと思えました。売り込みをかける相手に対する日本側の卑屈な接待ぶりには大いに疑問を感じます。北朝鮮が相手にしているのは米国なのですから、日本国内に米軍基地がなければ、そもそも関係ない脅威です。むしろ日本国民が盾となって米国を守ってやっているのが正しいのではないでしょうか。その点は、武器商人の発言の変遷を振り返ると、歴然です。というのも、最初は基地を撤退するとまで言っていたのですが、置いておくことのメリットを十分認識してから、その考えは引っ込めています。基地経費の大部分を負担してくれて、武器も買ってくれるのですから、いいカモだと思っているのでしょう。