生と死のことば

これから読む本は、川合康三著『生と死のことば 中国の名言を読む』(岩波新書、780円+税、2017年)。近代法の概念は、中国においては、先に欧州から輸入した日本で加工されたものが受け入れられています。しかし、人間の生死についての考察は、やはり先に文字を開発した中国の人が日本の人に先んじて書き残しています。法律の発展と異なり、生死の本質はそう変わるものではありませんから、今もって学ぶ点は多いと思います。普段の生活においても高齢者と接する機会が多いからこそ、考えてみたいものです。