夏と冬

今読んでいる『農学が世界を救う!』を読むと、農学という分野が生命科学のみならず環境科学の分野にまで広がっているのをよく理解できます。日本の季節もいまや夏と冬しかない感じです。植物には植物の生育に適した環境というものがあります。それを考えるのは人間にしかできません。