まずは現場と人を見てみる

いろんな老人ホームを見る機会があります。利用者目線に立って契約に値する施設かどうか否応なく判断させられます。先月、ある施設で管理者から聴いたところによると、敷金返還の理由が現在の国土交通省のガイドラインにも、判例にも反したもので驚きました。たとえば経年劣化で変色した壁クロスの張替え費用も退去者からの敷金から請求するというのです。この扱いは改正民法でも明確に禁止されることになりましたから、施行時点では違法になります。このように約款ひとつでもその施設の程度が知れるというものです。