試験段階の今すべきこと

「核兵器やICBMを持っていれば生き残れない」と「核兵器やICBMを持っていければ生き残れる」ということを理解させる交渉が今必要です。何より核兵器やICBMの開発には巨額の資金が必要です。熊本県ほどのGDPがない国が開発を行い、実戦配備するのには無理があります。そうした苦しい資金事情であれば、当然武器や技術の輸出で回収しようという恐れがあります。目指すのは廃絶ですが、まずは凍結に向けて交渉に応じるべきです。写真は記事と関係ありません。